保育士

【保育士やめて良かった!】保育士が転職して人生変わった話

 

私の前職は保育士。

保育の専門学校を卒業して20歳で就職。

学校が就職斡旋をしてくれたおかげで

不自由することなくすんなり内定をいただきました。

それから保育士として働くこととなった私。

新社会人として夢と希望を抱き、いざ!!!!!

とやる気満々でお仕事を始めたのですが・・・

 

待って!!!!!!

保育士の仕事めっちゃハードじゃない?!

実はハードだった!保育士のお仕事

ハードな仕事内容はこちら

  1. 人間関係(保育士同志・先輩・お局w)
  2. 神経を使う保護者対応(モンスターペアレント対応は神経使う・・・)
  3. 仕事量の多さ(お遊戯会などのイベントの時は仕事持ち帰り)
  4. 命を預かる責任の重さ(子どもは小さいから目が離せない) などなど・・・

その上お給料は少なくて・・・

苦しい。苦しすぎる。

 

こんなに頑張っているのに

過小評価されているような気がして悶々とする日々を送っていました。

 

そんなある日、私が仲良くしていた同僚保育士が

退職をすることになった。

 

どうやら他に転職するらしい・・・

 

数ヶ月後、その子と食事に行った時

その子がキラキラして眩しくて。

彼女の身に何が起こったのか気になって聞いてみた

 

「何があったの?!」

 

「実はわたし、違う業界に転職したの^^

そこで先輩と意気投合してお付き合いしてるんだ(*^ω^*)キラキラ」

 

私はその時思ったのです。

 

あぁそんな生き方もあるのかと。

仕事は保育士だけじゃないんだと。

 

そして私は、その子から手取り足取り転職について聞きました。

 

もちろん、辞め方まで(笑)

 

 

その子が使った転職エージェントというのが

こちらの就職エージェントで

 

私はその場で登録(どんだけ辞めたいんだろうかw)

 

面談の予約まで入れて友達と別れました。

 

人生初の転職活動スタート

その後、面談では担当の方が私の価値観や好きなことに即して

お仕事を紹介してくれました。

 

その中で、私は趣味でもあった写真のお仕事に興味を持ち

子ども向けの写真スタジオにエントリーしました。

 

正直なところ保育士になるときの就活は会ってなかったようなものだったので

エージェント担当の方は面接から履歴書まで全てサポートしてくれたので助かりました。

 

そして・・・・・

晴れて内定をいただくことができました!!

 

内定後の私の様子

その後、就職してから知ったのですが、私を採用したポイントは「保育の仕事経験」があったからだそうです。

子ども向けの写真スタジオなので、子どもとのやりとりは得意でしたし、

保育士をしていたから活かせる仕事だったと思います。

 

 

写真を撮影するときの子どもたちの満面の笑顔は、この仕事ならではだと思います♪

これからも子どもたちの人生の節目を大切な写真にするお仕事を続けていきたいと思います。

 

ーーーーーー追伸ーーーーーーー

その後、私は同い年のカメラマン見習いの方とお付き合いすることに(*^^*)

二人で美しい景色を見に行ったり

先日は二人で海外旅行まで行ってきました^^

保育士時代は恋愛なんて考える余裕もなかったので

今、すごくすごく幸せです^^

 

保育士資格は他の仕事でも活かせる!

 

昔の私のように、悩んでいる現役の保育士さんへ!!

 

この業界は「善意とやりがいの搾取」で成り立っていると思います。

 

心は大丈夫ですか?疲れは取れていますか?

 

辞めてもいいんです。

辞めて次を探しましょう!!

 

お世話になったエージェント担当曰く、

人手不足の今就職先なんて幾らでも見つかると豪語してました!笑

 

世の迷える保育士さんみんなが幸せになれますように!(*^ω^*)

 

 

参照👇私がお世話になったDYM就職公式ページ👇
エージェントが就職できるまで二人三脚!DYM就職

スポンサーリンク

-保育士

© 2020 フリーターたちの生き方ブログ