女性フリーターの就職活動体験談

【もう限界】保育士辞めたい→他の仕事に就職したら天国に思えた話

投稿日:

 

保育士を3年間で辞めて、転職した今思うことがあります。

それは・・・先生って本当に尊い職業だなってことです。

歌にピアノ、絵本や製作に手芸、もちろん子供たちの面倒まで見る「スーパーマン」ですよ!!

 

これほど報われないし、過小評価されている職業もないんじゃないでしょうか?

 

各週の食育、多すぎる行事や催し、ずっと外遊びで日焼けして老化していく肌。

事務職の人も雇わないし、食育やイベントの書類も書くし、時間外労働手当も出るわけない、サービス残業が当たり前な世界。

モンペすれすれな保護者、一緒に組む先生との仲・・・・。

 

私、3年間もよく頑張れたな~と (。-ω- 。)

辞める最後の方は精神的にもだいぶきていて、拒食症になってました。

それぐらいシンドイし、保育士の離職率の高さが異常すぎるのが答えですよね(泣)。

👇コチラの記事も読まれています👇

保育士の資格が生かせる【一般企業】はたくさんあるから転職してみるべき

辛かったぁぁぁぁ 本当に辛かったぁぁぁ 転職した今思うことは、何でもっと早く辞めなかったんだろうという後悔です(○´Д`○)   私のようにうつ病の手前まで頑張ってしまったり、実際に精神を病 ...

続きを見る

もう保育士辞めたいよ・・・(´;ω;`)

冒頭でもサラッと書いたのですが、辞めた理由を挙げればキリがないというのが本音です(笑)。

でも書かせてください。

私が保育士を辞めた理由と原因が、読んでくれているアナタと同じだったら、それは保育業界の構造上の問題ということなのですから。

 

~辞めたかった理由~

人間関係

一緒に組んでいるベテラン先生の「高圧的な態度と教育方針」が合いませんでした。

本人は新人を厳しく教えようとしているつもりだけど、過去に何人もの若い先生が犠牲者になっていました。

仲のいい同僚と励ましあって、何とかやってこれたけど限界を迎えて鬱寸前に(´;ω;`)

 

保育の現場は女ばかりで只でさえ気を遣うのに、気が強い(我が強い)先輩たちとの仲を調整するがしんどかったです。

同僚との人間関係って本当に大切だと思います。(特にお局上司 笑)

 

保護者(モンスターペアレント)

個人の電話番号やLINEを聞いてくるママ友グループがいたり(保育士のプライベートな時間は?)

熱があるのに解熱剤を使って、無理やり体温を下げた子供を預けようとしてきたり、夕方のお迎え前のテレビタイムに文句(ウチはTV見せない方針)とか

お金払って預けてるんだから、あなた達がやるのは当たり前といった態度が見えてしまったときは悲しすぎて泣きました(´;ω;`)

 

ここ最近では「保育料無料化」とか、全くどうかしてると思っています。

 

仕事と給料が見合っていない問題

暗黙の了解で片づけられているサービス残業と休日出勤(自費で研修に参加させられるとか)

このペーパーレスな時代に書類がとにかく多いのと、持ち帰らなければ片付かない仕事量。

それなのに手取りで13万とか、最低時給を下回っている・・・。休憩もあってないようなもの

 

・・・現実問題なのですが、これだけの重労働をしても、生きていくのが精一杯なお給料しかもらえないことに絶望しました。

一般企業で働いている友達に手取り金額を話したら、生活保護の方が貰ってるよと言われ、気分はどん底に(笑)。

保育職ブラックすぎる現実。

 

責任の重さ

子供の命を預かっているという責任重大な仕事

インシデント・ヒヤリハットの細かさ、擦りむいただけでも保護者に文句を言われないかドギマギして神経がすり減っていきました。

プラスで「保育指針に・親支援・家庭支援」とか、そこまで面倒見切れないというのが現場の声だと思います。

 

行事・イベント多すぎ問題

毎月の集会・行事の集会・夏祭り・運動会・発表会が多すぎて疲弊してくる。

去年よりレベルを高くとか、もっと凄いものを園長が求めてくる。必然、持ち帰りの仕事が増えて保育士は病む

 

オシャレ制限

私の完全なワガママなのですが、髪の毛も染めたかったしネイルもしたかったです。

友人が「栗色の髪」でくるくるしたガーリーヘアをしているのを見て、羨ましかった。

 

お迎えやお見送りに来るママでも、長い睫毛にカラコン、手入れされた爪、紫外線にさらされていない綺麗な肌っを羨望のまなざしで見てしまった(-_-メ)

反対に私は・・・紫外線のダメージを受けたシミやシワ、日光でガサガサの髪、薬品で荒れた指先と爪、黒ずんできてる膝や足の甲が嫌でたまりませんでした。

保育士を退職後の転職活動

子供好きだけではやっていけないと痛感した私は、身体と精神を壊す前に退職を申し出ました。

ちょうど丸3年の長かった「保育士生活」に別れを告げて、しばしの休暇(旅行したり美容院に行ったり)を取ったあとに転職活動をはじめることに。

今度は絶対に「事務職」がいいと固い決心で望んだのです(笑)。

 

ハローワークと転職エージェントを併用しての転職活動は、1か月もかからないでサクッと決まりました。

DYM就職(若者向け転職エージェント)で紹介された事務職ですぐに受かったのです。

面接のときに言われた言葉は永遠に忘れられないと思います。

 

 

「保育士を3年ガマンできたんだから信頼できる」

 

確かにあれだけブラックな環境に耐えられたのは、ある種の自信になったとも言えます(笑)。

保育士ができたんだから、何でもできるって思えるようになったのは収穫でした。

 

保育士から転職して良かったこと

・給料 保育士時代より月に5万手取りが増えました。おまけにボーナスも!!

・待遇 各種保険の充実、年間休日数119日

・定時で帰れる(感涙です)

 

何より良かったのはストレスから解放されたことですヾ(*'∀`*)ノ

保育士時代は「園児・同僚・保護者・上司」全方位で注意を払わなくてはならなかったのに、それがないんですよぉぉぉ。泣

本当に辞めて良かったと思います。

 

昔の私のように、悩んでいる現役の保育士さんに言いたいです!!

この業界は「善意とやりがいの搾取」で成り立っていると思います。

精神は大丈夫ですか?疲れは取れていますか?

 

辞めてもいいんです。

壊れる前に辞めて楽になりましょう。

 

ぱぁ~っと旅行に行って美味しいものでも食べましょうよ (o'∀'人)

人手不足の今、就職先なんて幾らでも見つかるのですから。

参照👇DYM就職公式ページ👇 https://talk.dshu.jp

-女性フリーターの就職活動体験談

Copyright© 女性フリーターからの就職~人生逆転を応援するブログ , 2020 All Rights Reserved.