底辺からの脱出

女性フリーターの就職活動体験談

【底辺からの脱出】飛び込み営業に転職したら年収1000万以上稼げるようになった実話

更新日:

4年前の私を知っている人が見たら「絶対にウソ」って言うでしょう。

現在の「私の年収が1000万円」を超えているいうことに・・・。

 

というのも私、自分で言うのもアレな話なんですけど「底辺中の底辺」を彷徨っていたんです。

 

スペック

高校中退 25歳(女)

趣味 パチンコ・競艇・飲みに行くこと

就職歴なし

アルバイト遍歴 弁当屋のキッチン・ピザデリバリー・パチンコ屋

性に奔放 お酒を飲むと誰とでも・・・自粛

実家に寄生

 

なかなかですよね。。。笑

「自分がいる環境」が全ての世界だと思ってしまい、25歳になるまで「自分が底辺だということ」を自覚しないで生きてきました。

そんな私が「自分の立ち位置」に気がついたのは中学校の時のクラス会です。

 

自宅に帰ってきた私は、あまりのショックに「部屋の角」をず~~~っと見つめるしかありませんでした。

そのぐらい同級生との差がひらいていたのです。

 

大学出てちゃんと働いている

高卒でも手に職をつけている

結婚予定の彼氏がいる

結婚して子供がいる

ぷらぷらしているの私だけ

 

 

特にいちばん仲が良かった子の一言が忘れられません。

お互いの近況を報告して、私がいま何をしているのか話した時です。

 

25歳でフリーターって・・・。

 

不意に本音が漏れてしまったのでしょう。ハッとした表情をして、話を元に戻したんです。

ここで現実を知ったというか、フリーターが他人からどう見られているのか分かりました。

環境というのは本当に恐ろしいものですね((´д`))

底辺から脱出するために将来を考えた

底辺からの脱出 将来

25年間、今いる環境に疑問を持ったことなどなかった私ですが、急にフリーターでいることが怖くなりました。

怖いもの見たさで、このままフリーターで「定年を迎えた場合」どうなるのかシュミレートしたら・・・

 

玄関の前で倒れて孤独死してそう

年金もらえなさそう、極端に少なそう

貯金ないと人生詰む

AIに仕事を取られて単純労働はなくなってそう

60歳とかまで体力続くのか疑問

病気になったら給料出ないし終了

 

 

 

絶望しかなかった\(^o^)/

 

 

生きていくのシンドイわーって、そっとWEBページを閉じたのを覚えています(笑)

暫くは突き付けられた現実を見ないように過ごしていましたが、やはりこのままじゃイカンと「就職活動」をすることにしました┏( ゚ω゚)

正社員になることが「底辺を脱出」する近道だと思ったからです。

 

正社員を目指した理由(メリット)

底辺からの脱出 将来

  • 安定した固定給がもらえる(ボーナスも!)
  • クビにされづらい(法律で守られている)
  • 社会保険がしっかりしてる
  • 会社が健康保険と厚生年金を半分払ってくれる
  • 将来もらえる年金額が大幅にアップ!
  • 会社辞めても失業保険もらえる(雇用保険が手厚い)
  • 結婚して子供生まれたら育児休業で給料の3分の2もらえる
  • 有給あり、労災、傷病手当金あり
  • 社会的な信用ができる
  • 老後の資金も貯めやすい

転職エージェントを使ってみた

転職エージェント

ネット番長の私が「転職エージェント」なるものにたどり着くのに、そうそう時間はかかりませんでした。

「完全無料」という文字に惹かれて、あっという間に登録(笑)。

そして3日後には面談をしていました。

 

若いので就職先はたくさんあると言われましたが、「企画・広報・事務」など、みんながやりたがる仕事は倍率が高いとのことです(-ω-;)

比較的早く就職できるのは「営業・介護・飲食・清掃・IT」でした。

それ、ネットで調べたブラック企業の代名詞やないかい!! ( ゚д゚c)

 

不安がよぎりましたが、エージェントのお姉さんと話していくと、それほど恐れることはないということも分かってきました

 

 

お姉さんが私の立場なら、どの職種を選びますか?

私ならITか営業をやります

 

どうしてですか?

人気のない職種なのでかなりいい会社でも入れますから

 

ふむふむ

それと・・・やっぱり稼げるということでしょうか(笑)

 

でもブラックな予感しかしません

だからいいんです!

 

???

ブラックというイメージが先行しているだけで、そうじゃない会社のほうが多いんです

 

労働環境がしっかりしていると?

はい、特に大きな会社・・・大企業の子会社や関連会社などはホワイトですし、ねらい目です

 

 

ほえ~~!!いい事聞いた。

というわけで「飛び込み・・・新規開拓」を募集している会社に応募しました。

そして難なく採用されたというわけです。

 

ここまでのスピードは2週間かかったぐらいですよ(笑)

しかも誰もが知っている新聞社の関連会社です。

こんな私が女性営業マンになれるのか・・・。

 

新聞の飛び込み営業で年収1000万超えました

飛び込み 年収1000万

超大手企業ということもあって、研修制度も充実していました。

1か月間の座学、ロープレ、実学などで「営業の基礎」を学んだ後に、やっと独り立ちさせてもらえました(/・ω・)/

物を売るスキルを教えてもらった上に、給料ももらえるなんて最高すぎです!

 

ちなみに給料は・・・。

3か月間=19万8千円の固定給+歩合給

それ以降=13万8千円の固定給+歩合給

 

仕事内容は至って単純なものでした。

 

① 他社の新聞を弊社の新聞に変えてもらう

② 新聞を購読していない人に新規で契約してもらう

 

このシンプルなゲームが私には合っていたんですね(笑)。

難しい商品知識も必要なかったし、女性という物珍しさもあって「新人時代」から月に35件以上の契約を取ることができました。

歩合給も加算されて、3か月目のお給料がなんと・・・手取り48万7千円!!(○Д○)

 

フリーター時代の「4ヶ月分」をたった30日で稼げるようになるなんて・・・泣

その後も順調に成績は伸びていき、入社1年後には「年収1000万」を稼ぐまでに。

まさか・・・まさか・・・あの底辺だった私が夢の1000万プレーヤーになるなんて・・・。

 

底辺から脱出したいなら「営業」がおススメ

底辺からの脱出

「人の行く裏に道あり花の山」という言葉があります。

「女性であること×皆がやりたがらない営業職」という希少性が1000万という価値を生んだのだと思います。

全ての人におススメするわけではありませんが、昔の私のように「底辺から脱出したい」って考えている人には営業は夢がありますよ!

 

※ブラック営業に就職しないためにも転職エージェントを使ってくださいね(○´エ`)

参照👇DYM就職公式ページ👇 https://talk.dshu.jp

-女性フリーターの就職活動体験談

Copyright© 女性フリーターからの就職~人生逆転を応援するブログ , 2020 All Rights Reserved.