取引先の男性と結婚

女性フリーターの婚活 女性フリーターの就職活動体験談

女フリーター将来絶望していたけど就職も結婚もできたケースもあるよ

更新日:

いい歳して女性でフリーター・・・将来に絶望するしかないのか・・・オワッタ\(^o^)/

正直な話、日本という国で明るい未来が見えなかったんです。

んが、んがっ、この私でさえ就職できたし、おまけに「素敵な旦那様」も見つかったという奇跡が起こりました。

 

 

人の自慢話なんて聞きたくないわ

どうせ美人だったんでしょ

ハイハイ、運が良かっただけでしょ

マウンティングとか、てめーはゴリラか!

 

 

ちょっと待って!そんなに偏屈にならないでください。それじゃあ「何に対してもイライラ」していた過去の私と同じです。

人生って何が起こるか分からないから、そんなに「将来を悲観する必要はない」んじゃない?って提案したかったんです。

だって、この記事を読んでいる「アナタは過去の私」なのですから・・・。

 

あ~、穴があったら入りたい・・・。むしろ穴を掘ってでも入りたい。

私のスペックときたらどこに出しても恥ずかしくないぐらいの「クズ・底辺」でした。

子供たちが見たら、こんな大人にはなりたくないよねアーハハ!!と指さして笑われるぐらいに。

絶望的なスペック

・学歴 商業高校卒業

・容姿 100人中7番目ぐらいのブス。(メイクをすると30番ぐらいまであがる)

 

・彼氏いない歴=年齢の腐女子

→→唯一仲のいい(好きだった)男の先輩にLINEをしたら、飲みにいくことに!!

先輩の部屋で一晩過ごし、処女を失う。

もしかして・・・付き合えるかもなんて考えていたら、LINEブロックされて音信不通に(´-`)

 

・職歴 新卒で入った洋菓子店を6か月で退職→ゴルフ場でキャディ見習い(3か月)

→無職・ニート(1年)→折り込みチラシの配布(5年)→とんかつ屋さん(1年8か月)

→フリーターの将来に絶望を感じて就職活動をスタート!!

 

・・・書いてて涙がこみあげてきます。

28歳からの就職活動~フリーターの将来が絶望だと感じた理由

将来絶望フリーター

早い女性ならば20代前半ぐらいからフリーターでいることの危機感に気がつくのでしょうが、私の場合はアラサーでやっと重い腰をあげることに。

過去にも何回か就職をしようと考えてはみたのですが、「職務経歴書」に書けることがないという理由で、バイトに逃げてしまいました。

問題を先送りにしていく間に年齢はもう30歳手前・・・タイムリミットは近かったんです。

 

将来の話は振らないでほしい・・・このままじゃダメだって自分がいちばん理解しているから。

モヤモヤしているところに、35歳でフリーター(独身女)がアルバイトで入ってきたんです。

いつ会っても疲れているし、生活に余裕がないから夜勤のバイトも掛け持ちしてるし他人事じゃありませんでした。

 

私もこうなるの???

 

家に帰ると、寝る前に悪いことばかり考えてしまいます。

絶望、不安。老後、・・・ぐるぐると回る頭ののかのマイナス感情。

そんな日が1週間は続き、この不安と向き合ってみようと紙とペンを取り出したのです。

 

年金、税金、老後のこと。貯金はいくら必要なのか?

生活保護の可能性は?

結婚できそうにないから孤独死が待っているかも

 

思いつく限りの将来を書きなぐると、ぼんやりとして正体の見えなかった不安が見えてきました。

現状の自分とのギャップと比べると落ち込んでしまったのですが、やらなきゃいけないことも見えてきたんです。

それは・・・今からでも本気で「正社員」になること!!

 

就職活動のやり方が分からない

就職活動 フリーター

アラサーで初めての就職活動です。

高校卒業の時みたいに、面接や採用試験が易しいであろうことは考えられません。

どのような就職活動をすればいいのかネットで情報を集めまくりました。

 

すると・・・私と似たような経歴の女性でも「正社員」に採用されている例がたくさんあったんです。

その中で最も多かったのが、「就職支援・転職サイト」を有効に使っていることでした。

私も成功例に倣って、「20代フリーター専門の就職エージェント」に登録しました。

 

 

フリーターを「就職」に導くプロのアドバイザーの意見は辛らつでした。

 

アドバイザー

30歳手前までアルバイトということは、誰もが希望する就職先は受かりにくいということです。

もちろん、目指すことは構いませんし全力で応援はさせていただきます。

しかし、非正規期間の長期化が進むことと、最悪のケースでは「就職」することさえできないかもしれません。

それでも大丈夫でしょうか?

 

 

・・・ううう

 

自分の置かれている立場が、第三者の目から改めて指摘されるのって辛いです(´;ω;`)

じゃあ一体どうすれば・・・。

 

アドバイザー

私からの提案は2つあります。

人気のない業種に絞って面接を受ける。

「正社員登用試験」がある会社に派遣で入って、チャンスを待つ。

 

どちらが正しい道ということはありません。前者の場合は年齢的にも比較的簡単に「正社員」になれます。

後者の場合は事務職など人気の職業もいけますが、採用試験に落ち続けるケースやもありますし、正社員になるには時間はかかります。

 

 

もう、派遣やバイトは嫌なんです。ちなみに人気のない職種とは?

アドバイザー
飲食・介護・営業などです。

 

それってブラックじゃ?

アドバイザー

それは誤解で、ブラックな会社があるだけで業界全体がそうではないのです。

お客様に紹介する企業はエージェントのフィルターを通った「ホワイト」な会社ばかりなので、その点は安心してください。

 

営業会社の正社員になる

 

 

インテリア系のルート営業に就職が決まりました。

フリーターということと、アラサーという年齢から「選べる業種」は狭まってしまいましたが、念願の正社員になれたのです。

「何百種類とある生地や素材」を覚えていくのは気が遠くなりそうでしたが、仕事自体はノルマなどもなくほぼ御用聞きで終わります。

 

女性ということが珍しいのか、お客様にも可愛がっていただけて雑談で一日が終わる・・・みたいなことも多かったですね。

誰ですか?・・・営業はブラックだって植え付けてきたのは(笑)

 

取引先の男性と結婚

取引先の男性と結婚

 

 

・・・すみません。

職権乱用ではないのですが、仲良くなった同じ年齢の男性とお付き合いすることになり結婚しました。

結婚できないだろうから就職したのに、就職したら結婚できてしまった不思議。

 

こんなケースもあるので、皆さんも就職してみるといいかもしれないですよ。

参照👇DYM就職公式ページ👇 https://talk.dshu.jp

-女性フリーターの婚活, 女性フリーターの就職活動体験談

Copyright© 女性フリーターからの就職~人生逆転を応援するブログ , 2020 All Rights Reserved.